歯磨き以外にもできる子供の虫歯予防

歯磨き以外の子供の虫歯予防

虫歯の予防対策としては、歯磨きが最も有効であるものの、子供の場合、五感が発達の途上にあることから外部刺激に敏感な上、意思の疎通を十分に測れないことから、口腔内に歯ブラシを入れなければならない歯磨き自体に酷く拒絶の意思を示す場合があり、虫歯予防の最有力手段である歯磨きが満足に行えず、子供の虫歯予防が滞る場合があります。

そこで、歯磨き以外の虫歯予防策が求められるわけですが、虫歯を予防するためにはミュータンス菌の侵入と増殖を食い止める必要があることから、保護者による感染予防が有効な他、調味料や甘味料に砂糖を含んだ食品の摂取を避け、歯科医院で予防歯科診療を受けて歯にフッ素を添付するなどの対策を取ることができるでしょう。

キシリトール配合のお菓子で虫歯予防

砂糖はミュータンス菌の大好物であり、砂糖を大量に含むお菓子やジュース類はもちろん、調味料として用いられる砂糖類も虫歯予防の大敵と言わざるを得ませんが、糖アルコールに類される糖類の中でもキシリトールは例外とされ、キシリトール配合のものであれば、お菓子類を食べてもミュータンス菌の増殖を招かずに済むのです。

よって、虫歯予防の一環として、砂糖を含んだお菓子やジュースに変わり、キシリトール配合のお菓子類を間食に用いることも効果的であるものの、キシリトールの配合率が95%以上のものであなければ効果が期待できないため、キシリトールの配合率にも気を配らなければなりませんが、歯科医院で販売されているキシリトール配合のお菓子の場合、高キシリトール配合を前提としているので、多少値は張っても歯科医院でお買い求め下さい。

この記事をシェアする
TOPへ戻る