子供に虫歯予防を嫌われないためにできる工夫

大人も子供も虫歯の根本原因は同じ

基本的に虫歯の原因は大人も子供も関係なく、口内細菌のうち悪性のものである悪性口内細菌に分類されるミュータンス菌であり、大雑把に言えば、ミュータンス菌が飲食で口腔内に入った糖類を食べた際に酸を放出し、この酸に歯が侵されることで虫歯に至るため、虫歯の根本的な原因はミュータンス菌に他なりません。

逆に言うなら、口腔内に悪性口内細菌であるミュータンス菌が存在しないのであれば、大人でも子供でも虫歯にならずに済むわけですが、ミュータンス菌の生息環境として申し分ない口腔内はミュータンス菌の繁殖に適している上、ミュータンス菌自体がしぶといタイプの菌なので、一度でも口腔内への侵入を許すと完全に取り除くことは難しいでしょう。

子供へのミュータンス菌の感染経路

生後間もない乳幼児は大人とは違い様々な体内細菌や免疫機構が整っていませんが、誕生までの間の生育環境によって雑菌から守られていたこともあって、性質を問わずに大人の多くが持つ常在菌を持ち合わせておらず、虫歯の原因となるミュータンス菌も乳幼児の口腔内には存在しないのです。

よって、子供の虫歯の原因は外的要因に基づく、口腔内へのミュータンス菌の侵入となるわけですが、ミュータンス菌の感染経路として最も有力なものが、保護者の唾液を介しての感染であることから、防ぐことは難しいと言わざるを得ず、体内の細菌が安定する3歳頃までの乳幼児期に保護者がマスクの装着と手の消毒を欠かさず、保護者自身の口腔内環境を保つことに細心の注意を払いつつ接することで、子供へのミュータンス菌の感染を予防できる可能性はあるものの、実際の子育てを鑑みれば机上の空論も良いところであり、実現性に欠けます。

この記事をシェアする
TOPへ戻る