キシリトールの長短所とミュータンス菌との関係

キシリトールのメリット・デメリット

同じ甘味料でありながら、砂糖と違ってミュータンス菌の増殖を招かずに済むことこそ、キシリトールのような一部の糖アルコール類の最大のメリットですが、正確に言えばミュータンス菌は糖アルコール類を食べないわけではなく、糖類と糖アルコール類の区別がつかず、糖アルコール類の場合、ミュータンス菌に食べられても酸が放出されないに過ぎず、ミュータンス菌に対し、直接的に殺菌効果を発揮するわけではありません。

また、現在までの臨床研究において、キシリトールに毒性が含まれることは確認されていませんが、多量に摂取するとお腹が下りやすい、つまり便が軟便になりやすい傾向が見られることが確認されており、摂取し過ぎてしまうとデメリットも生じます。

ミュータンス菌とキシリトール

キシリトールのような一部の糖アルコール類は、ミュータンス菌の繁殖を妨げこそしますが、ミュータンス菌に対し殺菌効果を発揮するものでもなければ、ミュータンス菌の増殖そのものを封じ込めるものではなく、ミュータンス菌が食べた際に虫歯の原因となる酸を放出しないに過ぎず、虫歯の原因であるミュータンス菌を取り除くことはできません。

ただし、キシリトールをはじめとした一部の糖アルコール類はミュータンス菌にとって、食べられこそしても消化に良いものとは言えず、消化に必要なエネルギー量が糖類よりもはるかに多く、ミュータンス菌の食べるものが糖アルコール類のみである状況が長く続くと、ミュータンス菌が糖アルコール類を食べやすいように変質し、虫歯の原因となる酸の放出量が激減するため、キシリトールの摂取と並行して砂糖を控えることで、ミュータンス菌を弱毒化できるのです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る